2012年3月31日土曜日

楽しいアートフェスティバル

ハート描いたヒゲが可愛い♫

今週末、金土日の3日間 「JAPANESE ART FESTIVAL」
がオークランドシティ アオテアセンターで開催されています。

日本&NZのアーティストの方の様々な作品が
総数300点近く展示されています。

震災写真コーナーも設け、様々な震災の写真と資料を通して、
NZに住む各国の人々へその被害の大きさを伝え、募金も募ってます。


私はこのイベントのお手伝いバイトをしています。
開催前日の木曜日は会場の準備などをしました。

日本からたくさんの荷物が送られてきていました。
各アーティストさんがだいたい3作品位を梱包し、
それぞれ発送していました。

何重にも梱包されている作品の梱包を
1つ1つ丁寧に開封していきました。

次はどんな素敵な絵がでてくるのか!?と
ワクワクしながら開封していく作業はとても楽しかった。

開催中の3日間は、Queens st,に立って、
イベント開催のビラ配りをしています

ビラ配りをやったことありますか?
私の人生初めては、先月1日(4時間)のビラ配りでした。
今回が人生2度目。
1度目、2度目とも同じ仕事で同じビラを配ってます☆

フライヤーを受け取ってくれる人が続くと良いペースで
やる気というか、ノッてくるんだけど、
「NoThank you」と拒否されると、
その悪いペースが続いてしまうんですよねー

そ~なると、しょんぼりしてしまいがちに・・・
めげずに渡して、テンションあげていく!! というくり返し。

1日2時間ちょいを3日間なので、これも経験だーって楽しんでます☆

ビラ配りがおわると、イベント会場の中でのお仕事。

「お客さんに書道を体験してもらう」というイベントブース。

お客さんに対面で座ってもらって、
最初にサンプルを私が書いて
お客さんはそれを見本にして、書くというスタイル。
線を書く方向などもちょいちょい教えてあげる流れ。

名前をひらがな・カタカナ・漢字などでかいたり、
好きな日本の言葉を書いてもらいます。

初日は言葉のネタが思いつかず、ひたすら名前だけ書いてました。

帰宅後、もっとお客さんに楽しんでもらえるよう
ボキャブラリーを増やしたくて、
「外国人の好きな日本語、漢字」などを調べました。

用紙を2枚用意して、
1枚目に英語の単語や言葉をまで書き、
2枚目に同じ順番で1枚目の単語を日本語で書きました。
その中から書きたい単語を選んでもらう形を作ってみました。
ちなみに120位の言葉を用意しました。

それを使って、今日書いたのは・・・
虎・夫婦・愛・成功・青空・希望・永遠・友達・太陽だったかなぁ
あとは、名前を漢字やカタカナで書いた。

わたしは上手く英語が話せないのですが、
なんとか単語でコミニュケーションをとってます。

みなさん「書道」という体験を楽しんでくれて
私も一緒に楽しんでます。

会場の準備やビラ配りだけではなく、
日本人以外の方と触れあうイベントに参加できて
本当によかったー 貴重だし、良い経験です。

あと残り1日がんばろー☆

4月1日PM5時まで開催されてます。
最終日はお茶や太鼓のイベントもあります。
お時間ある方は、ぜひ足を運んで下さいませ!

ブログランキングに参加しています。
☆↓応援クリックお願いします↓☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

2012年3月26日月曜日

NZに来て一番辛く感じたこと。

2年前の私にとって、「海外で暮らすこと」は
夢のまた夢のようで、相方さんとそんな話になっても、
現実的に考えられなかった・・・

そして、去年の7月にNZでの生活が現実になった。

年末年始に2ヶ月間も帰国してたこともあって、
日本を離れている実感、辛さを感じたことはあまりなかったと思う。

「海外に住むことで、辛いこともある」という話です。

***********

3日前、ふと、母親にメールをしてみた。
すると、返信内容に足が震えた。

「おばあちゃんが脳梗塞で倒れて入院して九州に帰っています。
容態は左半身麻痺で食事も鼻からチューブでしていう状態です」

(私の実家は広島県福山市)
病院の時間が終わるころ、母の携帯に電話して容態を聞いた。
思ったよりも元気とのこと。
少しだけ安心できた。

昨日再び電話をした。
いつも仕事で忙しくしている兄がとんぼがえりでお見舞いにきていた。

兄は祖母の写真をメールしてくれた。

祖母は90歳を超えてる。
以前、骨折で入院した時から、痴呆が加速してきた。
親族の顔をみても、「誰か」わからない人が増えてきて、、、
名前をいうと、思い出したりしてた。


  初孫である 兄
  唯一女の孫の 私 

私達2人は印象が濃いほうだったらしく、
「あんた誰かねー」と言われたことなかった。


兄のメールはこう書かれていました。
「とうとう俺も忘れられて、洋二おじさん(長男)になってた
おまえは仕事で忙しいって言っといたから、
帰国したら元気なうちに会いに行ってあげろよ」と。

(私が海外にいる状況説明は話が難しいので、
「仕事が忙しい」ということになっているんです。)

その時、相方さんはバイトに出かけていたので・・・
私は、写真とメールを見て一人で号泣しました。
うるさいと思って、途中からシャワー浴びながら
「ワーワーひっくひっく」と豪快に。


大好きおばあちゃんが脳梗塞で倒れたのに、
会いに行けないこの状況。


お金は働けばいいけど、時間はもどってこない。
日本にいたら、仕事休んで、おばあちゃんの側にいくのに!!!!
何もかも投げ出して、即帰国したい!!!


でも、それは今の私にとって、とても難しいことなんです。
私は非情な人間かもしれない・・・。
本当に自分の不甲斐なさというか・・・ 何やってんだー私!!


今回、
海外に住むということの大変さを
痛感ました。
心のどこかで恐れていた「時」が、少しずつ近づいてきている。


日記に書くべきか、悩んだ末に書きました。
「海外に住むことで、辛いこともある」と書くべきと思ったから。


   おばあちゃんごめんね 
   絶対に会いにいくから待っててね 

と心で話すことしかできません。

おばあちゃんも頑張ってるんだから
泣いてばかりいないで、私も頑張らなきゃダメだ!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
☆↓応援クリックお願いします↓☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

2012年3月25日日曜日

フィジータイム

私のパソコンが瀕死状態で、相方さんがなんとかデータ救出作業をしてくれています。
使えなくなったら・・・どうしよう。
1)新たに買う
2)我慢する
2択です。 
ちなみに1)の場合は、PCにすべきか、
流行りに乗りたくない気持ちが強いのですが・・・アップル製品か。

さて、話はかわり、早くFIJI日記を完了せねばなりません。

今日は、マナ島での友達の出来事。

友達2人はマナ島でダイビングライセンスを取得の申し込みを前日にしました。
取得には4日間必要で、マナ島で3泊4日することとなりました。

スクールは私たちの宿になく、左右両隣の宿にあり、
到着してすぐに宿スタッフが2人を連れていきました。

フィジー人の先生1人と先着生徒が2名いたそうです。
先生に本を渡され、ビデオを見せられ、あとは放置され・・・。
初日はこれで終わったそうです。 
帰りがけに、予約で聞いていた名前と彼女達の名前が違うことに先生が気づき、、、
けれど、1日受講してしまったのと、先着生徒情報によると
こっちのスクールの方が$70位安かったので、
継続することにしたそうです。

1夜明け、2日目の朝、友達はスクールに行きました。
が、先生が本島に帰ってしまっていて、島に来るのは午後になると言われ、
やむなく待機。
・・・先生が来たのは3時くらいだったかな しかも謝らない。
「FIJIタイム」って。←のんびり時間ってニュアンス??

彼女達は取得に必要な4日という最短の時間で滞在しているので
時間を無駄にしたくないのです。
てきとうに教えられて、「はい合格」ってライセンス貰うのは不安。
「学ばなければならない重要なこと」はきちんと学びたいのです。
この先生だと、不安でしょうがない。
明日もこんな調子で待たされたりしたら、大変。

友達はスクールを変えることにしました。

もともと予約していたスクールです。
デスクにいって相談したのですが、すでに2日経過しているので、
延泊しないと、取得は不可能だと言われました。
こっちのスクールは先生&アシスタントもいて、
マンツーマン状態で教われるし、英語が聞き取りやすかったらしい。
ライセンス取得後のファンダイビングや訓練中等での水中での写真データも含まれていました。


もとを正せば、宿のスタッフが間違えて案内しなければ、
腹を立てたり、延泊することもなかったのです。

延泊の宿代をオーナーさんと交渉して、
$50の提示だった金額を$20で合意しました。

私ともう一人の友達は、延泊しないで本島に帰ることにしました。
すでに、次の目的地の宿を押さえていたし、
何より私が行きたかった場所だったので、
1泊だけ4人が2パーティーに別れることにしました。

私が本島に帰る船は、11:30発だったので、
その時間に船着場に行くと、「満員で乗れないから次のに乗って」と言われ、
1時間位待たされました これもまた「FIJIタイム」
時間を守らない、時間にルーズ それだけ。

まぁ、時と場合によっては、良いもんですけどね♪

今回は借りパソコンでのUPなので、写真なしです。
残念・・・後日UPできたらいいなぁぁ
ブログランキングに参加しています。
☆↓応援クリックお願いします↓☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

2012年3月23日金曜日

神が宿るという島 マナ島

FIJIへ到着してから2泊宿泊したのは
「ワイロワロワビーチリゾート」というところ。

お部屋のタイプはいろいろありましたが、
貧乏旅行者はもちろんドミトリー(相部屋)
私達は4人部屋に4人で予約だったので、他のゲストとは別でした。

朝食付き、ネット無料、空港送迎無料 で 1人1泊 有料800 ☆
タオル付、シャワートイレも部屋にありました。
ビーチに面してなかったけど、プールもキレイだったのでよかった☆


ワイロワロワビーチの砂は黒いし、本土は粘土質ということもあって、
ここのビーチは期待してなくて、安さだけで選んだのです。

メインの道路からは、ちょっとはなれてるんだけど、
ボチボチ車は通るので、ヒッチハイクしてメイン道路でおりてました。

ここへ滞在中、3回ヒッチハイクしたんだけど、全部すぐ乗れました☆
1本道なので昼間なら、危険はないと思われます車(セダン)ダッシュ(走り出す様)
トラックの荷台に乗った時は気持ちよかった~♪


でもって、3日目の朝、チェックアウトを済まし次の場所へ!
今夜から離島に泊まります。
「マナ島」という島で、FIJIでは“神が宿る島”と伝えられているそうです。

日本からツアーなのでFIJIに来ると、かならずこの島をゴリ押しされます。
『一番メジャーな離島』なんです。
なぜなら、経営者が日本人だからハート

発展途上国のFIJIでは宿泊設備や衛生面など、不安なこともあるんだけど、
ここなら不安は解消されます・・・多分。
もちろん、有料お値段もすばらしいですよねーがま口財布

同じマナ島の中でも、このリゾートとはちがう場所に、
3つのバックパッカーがあります。

私達が宿泊したのは、真ん中の「セレアナ」ってとこ。
結果からいうと、3軒中、比較したほとんどのポイントで最下位。
最安値というので1位だっただけ・・・  1泊3食付$50(2,250円)
行くなら、真ん中以外をオススメします。
(他は、、、1泊$15くらい高かったかなぁ・・・)

3日目出発の朝、ピックアップはAM9:00といわれてたけど、
9:30過ぎても来ず・・・ まさにフィジータイム。
40分過ぎた頃、車はやってきて、すぐ近くのビーチからボートがでました。

約1時間でマナ島へ到着しました。
ボート代は往復で$100(4,500円)

両サイドの宿は、ゲストが到着すると、花飾りをかけられます。
宿まで行くと、宿泊しているゲスト達が、Newゲストを歌で迎えいれますムード
新旧ゲストがコミニュケーションとれて、なんだか素敵ぴかぴか(新しい)

私達のところはありません・・・・失恋 チーンがく~(落胆した顔)


2012年3月22日木曜日

長さ約3km世界一長いウェディングドレス

NZの話ではありませんが・・・
☆最近、FIJIネタが続いてるし、更にあと数日書くつもりデス・・・ごめんなさい☆

[ブカレスト 20日 ロイター]
ルーマニアの首都ルーマニアで20日、
世界一長いウェディングドレスのギネス世界記録(Guinness World Records)が認定されました。

これまで世界一だったのは、長さ2488メートル ←十分スゴ過ぎダッシュ(走り出す様)

この長さをを超えるぴかぴか(新しい)2750メートル目乙女座

世界一「すそ」の長いウェディングドレス
として記録更新したのです。

イベントでは、この純白のウェディングドレスを身にまとった17歳のモデルが、
熱気球に乗って上空に舞い上がり、
ドレスの長いすそが風に吹かれてふわりと宙に舞いました。
上空から伸びたトレーンが会場となった議会宮殿前の広場を覆いました。


ぴかぴか(新しい)2種類の生地が合わせておよそ10km分使用されており。
ぴかぴか(新しい)トレーンに使用された布は全長4700メートルに達してるんだとか。
  (10kmが合わさって半分になってる)

ぴかぴか(新しい)ドレスの制作日数は100日かかったとか。
ぴかぴか(新しい)針1857本が使用されたんだって。


2012年3月21日水曜日

泥温泉で美肌に!

FIJI到着2日目。
初FIJIのともだちに FIJIの大自然を体験してもらおー!
ってことで、「泥温泉」に行ってきました。

Sabeto hot spring というところ。
町からも、メインの道路からも離れていて、
道もかなり悪いので「何処に連れて行かれるの?」
と不安になりそうな位、奥へ奥へと走ります。

Nadiのバスターミナルからもバスがでているのですが
本数が少ないので、あらかじめチェックしておくといいかも。

バスだと片道 $2以内です
タクシーだと片道 $15~20 
山の中の為、帰りに違うタクシーを拾うのは無理なので、
交渉して待ってもらうのがベストかも。

私達はタクシーで現地に行って、温泉の人に帰りのバスの時間を聞いたら、
1時間半後にあったので、タクシードライバーにバイバイしました。

いい気分(温泉)「温泉」なんて素敵ねー☆
FIJIも温泉あるんだねー☆ と思う人がほとんどでしょう!が!!
日本の温泉とは全く・・・・全く違います。

MADPOOL(泥プール)とも書いてあったけど、プールじゃない。
ただの池。
以前はカエルが泳いでたもんなぁ・・・。

4年前は温泉は1箇所でしたが、今回行ってみると、
2箇所(2店舗?)ありました。
いとこか兄弟か?親族で競ってるみたいデス

町から来ると、手前と奥にあって、
過去に入ったのは、手前側でしたので
奥がわの温泉店舗?に入ってみることにしました。
(今回の感想からいうと、手前の方が温度が高く、
なめらかな泥が多かったきがするので手前がオススメかも・・・)

料金は$15 FIJIの物価でいうと、超高い!
でも、しかたないので・・・入りました。
以前は$10以下だった気がするけど・・値上げたのね。

ここの泥は日本の某エステ会社も買ったという美肌効果があるらしい。


早速、水着に着替えて! いざ マッドプールへ!!
端っこが暖かいポイント
地元のちびっこたちが、いろいろエスコートしてくれました☆

2012年3月20日火曜日

本物?偽物?UGGブーツ

この色から選んで作れます
FIJIのナマカという地域辺りにUGGブーツの工場があります。
メインの通りQueens rdからMasilivate rdを空港側へ入っていきます。
ナマカパブリックスクールという学校がQueens rd通り沿いにあって
Masilivate rdはその学校沿いに入る道なので、
もしも誰かに道を訪ねる場合は、パブリックスクールを言うと
分かりやすいかも。
UGG Factory
Address: Lot30, Waqavuka Street, Namaka Industrial Area, Nadi, Fiji Islands
Tel: +679-672-0110
Fax: +679-672-7008
Mobile: +679-747-0744
営業時間:月曜日~金曜日、午前9時~午後5時

FIJI UGG工場

HISさんや他の観光会社さんが開催している FIJI観光ツアーの中に
「UGG Fiji Factory訪問」がありますが 
ランチつきとはいえ、FJ$99なんですドル袋

FIJI$1 = 45円 =NZ$0.65 だいたいこんな感じです。

車(セダン)タクシーを使っても、片道値切って$5 高くてもFJ$10あれば十分いけます。
バスバスなら、FJ$1くらい。 バス停から10分位あるくけど・・・。

訪問は予約ナシでも入れるし、お金もかかりません。
自分で好きな色のシープスキン、パーツの色、タグ、ソール、糸の色、
カスタマイズして自分だけのブーツを作れちゃうんです。
ショートブーツでFJ$120くらいだったかな。
今回、買うつもりがなくて、値段をチェックしなかったのです・・・ごめんなさい。

現地の方が、ミシンを使って1つ1つ手作りしているのを見学できます♪

これはかかと部分のパーツ
最近シープスキンじゃないけど、見た目同じようなブーツを激安で買えるので、
安く感じないかもしれないけど、安いんですよん☆
なので、ツアーで行かず、個人で行けば、だいぶお徳なんですよね☆


さて、話がソレましたが。

UGGブーツって、『UGG』という名前のブランドがあると思っている方多くないですか?
「本物のUGG買いたい」とか、質問トピを見かけたことがあります。

「UGG」とは羊の毛皮、牡羊座羊毛100%を使ったブーツの総称です
羊の皮は保温性が高く、履き心地も良いので、全世界で愛用されてます。
しかも、通気性も良いので、夏に履いても快適なんだって!

羊の毛皮のことを
フランス語でMouton(ムートン)
英語でSheepskin(シープスキン) と言うので

「UGG」はシープスキンブーツ、ムートンブーツと同じなんです。

そして、UGGの名前の由来は
「Ugly Boots(あぐりーぶーつ)=かっこ悪いブーツ」とのこと。
最初は羊の毛刈り職人さんが履いてたからだそう。

んでもって、最初に販売した方が、「UGG」を商標登録をしないうちに
同業者がUGGと同じ名前で売り出しちゃったもんだから、
どこの会社が「うちで売ってるのは本物のUGGです」といっても決してウソではない。

羊の毛皮でつくっていれば 「偽物UGGブーツ」ではないのです。

2012年3月19日月曜日

それは出発の10分後でした

それはFIJI出発の10分後に発覚した。
ヒッチハイクしよぉ~☆

3月9日金曜日。
飛行機オークランド空港 AM7:15 発 Nadi空港AM 9:20 着 時差マイナス 1時間。

前日、23時まで仕事だったので、睡眠時間は2時間半程度
興奮して眠りが浅かった・・・ 眠いよぉぉぉ・・・
飛行機は3時間かかるし、機内で寝よう!!眠い(睡眠)

旅の友2人がわが家へ前泊していたので、
車(RV)空港まで送ってくれる相方さん含め4人で朝早くからゴソゴソと動き出す・・・。

自宅をAM5時出発ダッシュ(走り出す様)

天気予報が滞在期間全日雨雨、雷嵐ということを除けば、みんなウキウキ♪



出発して10分ほどして・・・・ ふと私の頭の中をよぎった・・・・

exclamation あれ? パスポート 要るんだよね?

2012年3月7日水曜日

驚愕の天気予報

3月9日金曜日から10日間
FIJIへ行ってまいります。

相方さんはお留守番で、お友達4人で乙女座乙女座乙女座乙女座

去年、「姥捨て」された ズッキーニファームで出逢ったお友達と
飛行機慰安旅行波とでもしておきましょう☆
ちなみに、私以外の3人はワーホリなので、
「姥捨て」と言っているのは私だけです。

セール価格で買った航空券で往復約 NZ$500(日本円で3万円)で購入。
宿泊費は1日800円程度の朝食付きを目安に動くつもりなので、
航空券もあわせて5万円くらいかな?

この旅行のお小遣いは
年末年始日本に帰国してた時に稼ぎました。
地元某百貨店の『美味い物物産展』で、
焼きこいわし、ふかひれスープや、あおさ、鶏天などなど
試食や販売のマネキン頑張ったなぁ・・・指でOK


同行する友達とは、数ヶ月会ってなくて、
そのうちの2人が今日、わが家にやってきます。
私以外はみんなぴかぴか(新しい)初FIJIですが、
私以外はみんな英語が話せるので・・・・ 私はみなさんに頼ろうかとあせあせ

さて、日にちも近くなり、
旅行中のお天気が気になって、 つい先ほどチェックしたんです。

最初は、今日、明日、明後日という3日間の表示。
今日は   晴れ
明日は   雨
明後日は  雨

私が出発する日は明後日・・・・あぁ・・・雨だわもうやだ~(悲しい顔)

で、「10日間」という表示があったので、パソコンポチっと押してみたら・・。