2017年7月25日火曜日

飛行機の座席選び 当たりハズレは運次第?

みとめたくない・・と言いながら
どっぷり風邪で寝込んでしまい
認めざる得なくなった私です。

悪寒と時折襲うピキッーとはしる痛み
あれがほんとおそろしかった。
熱はマックスで37.8℃でしたが
平熱が低く、滅多に寝込まない私にとっては
数年ぶりの大病でした
(現在も戦っていますがね)
オークランド空港 免税店価格
いつも思いますが
スーパーで買うほうが安いですよね^^;
日本へ帰国されるみなさま参考にしてください〜

えと、

日本に帰国した時の話かきます!
もうずいぶん前の話ですみませーん


今回は飛行機の移動でのはなし
ニュージーランドから日本へのフライト時間は
約11時間です。

夜のフライト、日中のフライトで
機内の雰囲気はちょっと違います。

航空券を購入後、どこに座るか?
座席選択をしていくのですが、

みなさんは窓側、通路側どちらを選びますか?

ちなみに、現在のAir NZのエコノミーの座席は
3席;3席;3席と横一列9名です。

昼間のフライトは比較的起きてる人が多いのですが
夜間のフライトは寝てる人が多い。

通路側の席ではない場合、トイレに行く時に
他のお客さんに声をかけたりして
多少動いてもらわないと、通路へ立つことができません。

前席背面にある画面付近にヘッドフォンのコードを挿すので
映画や動画をみたり、音楽を聞いてたら、
絶対に中断させなくてはなりません。
まぁ、寝てるよりも起きていたらならまだましですけどね〜

トイレに行くにも一苦労するくらいなら
遠慮しないで動ける通路側の席が気楽だなーと思うけど

私の場合は、できれば右に寄っかかりたいタイプで。
だいたい、右側の窓側席を選んでしまいます。

そして、隣が良い人でありますように。。と願う。


今回、日本へ向かう便は1ヶ月前の時点で
空席はほとんどなく、、窮屈を覚悟しての搭乗でした。

機内へ入り、自分の席を探していると
なんと
空いてない・・・・ 違う人が座ってたんですよ。

とりあえず、荷物を上にしまい。
チケットと座席番号を交互にみて
キョロキョロしてみたものの、、

私が立っているのに気づいてるけど、反応なし。

うーーーーーーーーーーーーーん(-_-)どしよ。

近くにいた、フライトアテンダントさんに
『私の席に他の人が座ってるの』と相談。

窓側の私の席の人が中央に座る人だったり
3人とも違う席にすわってるシャッフル状態だったので
ちょっとビックリしつつ
通路側に座っていた人が間違えていて、解決^^;

とはいえ、真ん中3列の通路側の人が
窓側3列の通路側にすわるという
間違いをおこすのか?゚( ̄ー ̄)

そして、『おかしいなーとおもったの』と言いながら
移動した私の席の方々も、、
そう思ったなら
確認してみてもよかったんじゃ?
だってそこ、あなたの席じゃないし
と思いながら、とりあえず無事着席。


窓側に座った私の並びの席
中央席、通路側のお二人はご夫婦で

後列3人がそのお子さん達でした。
ご夫婦のどちらかがトイレに立つ時に
わたしもトイレに行くように心がけ
我慢することなく、席を立てました。

後ろのちびっこ達は お菓子やジュースを
次々に注文し、最終的にはリバース(嘔吐)が
おきたりで、落ち着かないフライトでした。

オークランドを朝出発して、東京に夕方着く
日中のフライトだったので、
機内であまり寝れず
映画に没頭した移動でした。

乗客が多いと、食事が始まるアナウンスから
実際に配膳されるまで、時間が相当かかります。
(これは座席の位置によるんですけどね)

そして、食べ終えた食器を回収するのも
けっこう時間がかかるんですよね。

良いお客さんばかりじゃないだろし・・
フライトアテンダントさんってほんとに
大変だなーっていつもおもいます。

ちなみに、リバースしたちびっ子は
食事のアナウンスの後に起きたんですよ
一番忙しそうなタイミングだったので
ほんと見ていてかわいそうでした。

もちろん、小さなお子様連れ方も
大変ですよね。
まわりに気をつかうだろうし、、

あ、ちょっとおもったのが
小さい子どもの暴れっぷりには
日本人より、西洋人のほうが
寛大なきがします。
日本人は神経質な人が多い人種だから。。。
放任されすぎてても、困りますけどね

まぁ、そんなこんなで
長時間のフライトが快適か、そうでないかは
座席選び・・座席運によるなーと
改めて思ったフライトでした。

ではでは今日はこのへんで。
☆↓ぽちりと応援クリックお願いします↓☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿